面接で合格フラグを勝ちとるには

書類選考を通過すればいよいよ面接です。転職活動における最大の山場と言って良いでしょう。

それでは、面接でどのようなことを聞かれるかを見ていきましょう。

面接の基本的な流れ

面接の進め方は会社によって多少は異なるものの、基本的には次の流れで進みます。

  1. 挨拶
    • まずは面接官から簡単な挨拶があることがあります。また、アイスブレークとして先に軽い雑談をする会社もあります。
    • ここではビジネスマナーに則って基本的な社交辞令ができれば問題ありません。
  2. 自己紹介
    • 挨拶が終わると、面接官から自己PR、これまでの職務経歴について3〜5分ぐらいで説明を求められます。
    • 面接官は事前に受け取っている履歴書、職務経歴書と照らし合わせながら自己紹介を聞いていますので、それに沿った形で説明していくとよいでしょう。
  3. 職務経歴について何点か質問
    • 応募職種と近い経歴、仕事内容について、さらに深掘りした質問がされることがあります。
    • 過去の経験について深掘りされても答えられるよう、仕事の大まかな全体像、困難であったポイント、アピール内容を事前に準備しておきましょう。
  4. 志望動機
    • 応募企業への志望理由と現職の退職理由、また過去に在籍していた会社がある場合はそれらの退職理由について確認があります。
    • ポイントとしてはネガティブな内容を話さないこと、また(こじつけでも)キャリアの一貫性を意識することです。
    • 他にどのような会社を受けているか、選考状況についても聞かれることがあります。同業他社であれば正直に答えても問題ありませんが、業種に一貫性がない場合は志望度に疑問を持たれるため注意が必要です。
  5. 課題(オプション)
    • ケーススタディや10分程度の課題を課すなど、会社によっては面接にオリジナルな内容を盛り込むことがあります。
    • ぶっつけ本番にならざるを得ませんが、ユニークな面接方式としてインターネットや転職エージェント経由で情報収集できることもありますので事前にチェックしておきましょう。
  6.  条件面の確認
    • 一通りの質問が終わると、現職年収と希望年収、入社可能時期について確認があります。
    • 希望年収と入社可能時期は必ず聞かれる内容です。その場で考えるのではなく、事前にスケジュールを立てて考えておきましょう。
  7. 転職者からの質問
    • 面接の最後に、転職者から応募先企業への質問タイムが設けられます。時間的に、質問できる内容はおよそ2〜3程度です。
    • 調べればすぐにわかるようなことを質問するのはマイナスです。今後の仕事へのやる気が感じられるような、前向きな質問がベターです。

面接で合格を勝ちとるポイント

面接では手を変え品を変えて様々な質問がされますが、面接官の知りたい内容は①やる気、②能力、③条件の3つであり、それが合否を分けるポイントとなります。

それでは、各ポイントについてさらに詳しく見ていきましょう。

やる気

一般的には志望動機という形で確認されます。さらに派生して、過去の退職理由や将来にやりたいことといった形で追加質問があります。

やる気を確認する代表的な質問は次のようなものです。

  • 当社への志望動機を説明してください
  • 現職、またそれ以前の在籍企業を退職した理由は何ですか?
  • 転職を考えたきっかけは?
  • もし仮に当社へ入社したら、どのようなことをやってみたいですか?
  • 3年後、5年後、10年後にどうなっていたいですか?

ポイントは過去→現在→未来についてキャリアの時系列で一貫性・整合性が取れていることです。特に、将来なりたい姿は急に質問されても答えられないことが多いですので、転職活動を始める前にキャリアプランをしっかりと考えておきましょう。

そして、将来目指したい内容と応募企業の方向性が一致していることが重要です。能力が高くても方向性が応募企業の業務内容とマッチしていないためお見送りとなるケース、実は非常に多いです。

また、退職理由についてネガティブな内容は絶対にNGです。どう回答してもプラスになることはありません。嘘をつく必要はありませんが、前向きな内容に聞こえるよう表現を工夫しましょう。

さらに、入社したら任せたいと考えている業務について、内容をキーワードレベルにぼやかした形で関心があるかを聞かれることがあります。
このような質問は何気なくされることがありますが、その回答により合否が決まってしまうほど重要な場合があります。また、フェイントとしてあえて関係ない業務について興味があるか聞くこともあるので注意が必要です。

能力

面接では自己紹介、これまでの職務経歴を説明といった形で測られます。また、深掘りした質問にどこまで答えられるかにより、能力や主体的な関与度を見られます。

能力を確認するための質問は次のようなものです。

  • 自己紹介、これまでの職務経歴について説明してください
  • 一番大変だったことは何ですか?それをどのように解決しましたか?
  • xx(専門的な内容)について分かりやすく説明してください
  • 業界は10年後にどうなっていると思うか?

面接官に能力を分かりやすく伝えるポイントは、最初に自分の強みをワンセンテンスで言い切ることです。その後に、職務経歴を補足して説得していく形が相手に伝わりやすいです。

能力の深さをアピールするには、自身のキャリアで大きかった仕事をピックアップし、その中でエピソードとして困難だったポイントと解決方法を示すとポイントが高いです。面接前にこういった持ちネタを2〜3ぐらい準備しておきましょう。

なお、社会人年数が長いと担当してきた仕事も多く、すべてについてエピソードを準備することは大変です。また、遠い過去の仕事を事細かに思い出すことは不可能な場合もあるでしょう。
しかし、実際の面接ではあまり遠い過去の仕事を深掘りされることはなく、大抵はここ数年での内容で終始します。また、どの仕事でアピールしたいかは応募者の裁量に任されることが多いです。そのため準備にあたっては、これまでの各キャリアにおける仕事内容を概要レベルで押さえるだけで十分でしょう。一方で、エピソードとしてアピールしたいポイントはヤマを張る形でマニアックな内容に深掘りしていくのが良いかと思います。

条件

一通りの質問が終わると、事務的な質問として①希望年収、②入社可能時期に関する確認があります。

これらはストレートな形でそのまま質問されることが多いでしょう。

  • 現職年収と希望年収はどれぐらいですか?
  • もし仮に入社するとしたら、いつ頃から入社可能ですか?

条件面の質問はどの企業でも必ずありますので、キャリアプランを考えて回答を準備しておきましょう。

それぞれの回答のポイントは次の通りです。

  • 希望年収
    • 希望年収は現職年収+αが基本です。αについては、おおよそ50〜100万円アップを見ておけばよいでしょう。
    • ここで回答した希望年収が内定を提示するときのオファー上限となりますので注意しましょう。ただし、あまりに希望年収が高すぎると交渉すら無くお見送りとなります。
  • 入社可能時期
    • 現在担当している業務があり引継ぎも考慮すると、内定受諾後2〜3ヶ月程度が妥当だと思います。
    • 応募先企業も業務引継ぎに関しては理解があり、1ヶ月程度の前後は相談に乗ってくれると思います。そのため、おおよその時期を示したうえで最終確定は内定後でもよいと思います。