転職エージェントのメリット、デメリット


転職活動を行うにあたって、転職エージェントへ登録したほうがいいのかお悩みのかたも多いと思います。

ここでは、転職エージェントのメリット、デメリットをまとめてみました。

そもそも、転職エージェントって何?

まず、転職エージェントってどのような事業なのでしょうか?

ざっくり言うと、クライアント企業にマッチングする人材を紹介し、それによって紹介した企業から手数料を得ています。
なので、応募する側はいっさい費用がかからず無料です。

それに関連して、企業の採用状況を定期的にチェックしたり、紹介できる人材を探したり、面接指導などといったことをやっています。



転職エージェントへ登録するメリット

転職エージェントに登録すると、定期的に次のような情報を連絡してくれます。

  • 採用活動を行っている企業情報
  • 新着求人情報
  • 休日選考会の案内
  • 応募企業の内部情報

一つずつ、順を追って説明してみたいと思います。

■採用活動を行っている企業情報

転職エージェントに履歴書、職務経歴書を見せると、それにマッチした求人を探してきて紹介してくれます。
すでに知っている求人も多いと思いますが、それでもいくつかは自分の知らなかった会社の求人情報が見つかることがあります。

そもそも、世の中にある無数の会社の求人情報を自分一人で網羅しようというのは物理的に無理なお話。

なので、こういった掘り出し物の求人に触れることができるのは転職エージェントへ登録するメリットの一つと言えます。

■新着求人情報

新規事業を始めるので人が必要、あるいは年度が変わって予算が取れたなどの理由で、新しい求人が市場に出てくることがあります。
新着求人は採用意欲が旺盛なので、採用されやすく条件も良いことが多いです。

もし良い求人が見つからなかった場合は、転職活動を休止することも一つの手です。
そうすると、こういった掘り出し物の情報が転がり込んでくることがあります。

なお、一般人がこういった新着求人を知ることは難しいです。
ところが、転職エージェントに登録していると、こういった新着求人をタイムリーに通知してくれます。

■休日選考会の案内

平日は忙しくて面接へ行けない人のために、特別に休日に時間をとって面接をしてくれる会社があります。
面接する側も土日を割いて出勤していることから、採用意欲が非常に高いことが多いです。

こういった情報は転職エージェント経由でしか入手することができませんので、転職エージェントに登録する大きなメリットと言えるでしょう。

■応募企業の内部情報

転職エージェントはクライアント企業を積極的に訪問し、どのような人材が欲しいのかといったことを情報交換しています。
企業側も、転職エージェントへ積極的に情報提供して良い人材の確保へつなげようとしています。

また、転職エージェントでは面接を受けた応募者からアンケートを取ることで、面接でどのような質問があったか、雰囲気はどういったものかという情報を集めています。

そのため転職エージェントには応募企業の内部情報も含め豊富な情報が蓄積されており、それに基づいて応募者の面接アドバイスなどをしてくれます。
こういった情報をうまく活用することで、面接を通過する確率をあげていくことができます。

 



転職エージェントが貴方の営業マンに!?

転職エージェントは企業からの求人を待っているだけでなく、登録者の職務経歴書を持って売り込みも行っています(名前は伏せています)。

なので、まったく公開されていない潜在的な求人情報へも、このような転職エージェントの営業活動を通じて応募することができます。こういった求人は公開されていないため競争率が低く、かつ先方が会ってみたいということなので、内定に至る確率は高いといえます。

また、興味はあるけど応募するかどうか迷っている企業があるときは、転職エージェント経由で名前を伏せて営業をリクエストすることもできます。

転職エージェントのデメリット

さて、今度は転職エージェントのデメリットです。

■紹介手数料の分だけ不利になる

転職エージェントは、紹介先の企業から手数料をもらうことで成り立っています。
そのため、企業から見れば転職エージェント経由の応募者は「希望年収+紹介手数料」のコストが発生すると言われます。

しかし、自主応募であってもコストがゼロというわけではありません。
また、応募を待っているだけでは求める人材が来てくれる保証はどこにもありません。

良い人材を採用するにはコストがかかるのは当然なので、紹介手数料は必要経費と考える企業も多くあります。

■社内選考がある

社内選考とは転職支援エージェントで応募を取りまとめ、そこで一部の応募だけを企業へ送るというプロセスです。
そのため、そもそも応募企業へ履歴書が届く前からお見送りになってしまうこともあります。

しかし、応募する側としては、こういったことは避けたいもの。

そこで転職エージェントは2社以上を登録しておき、競争相手の存在をオープンにしておきましょう。
そうすると、他の転職エージェント経由で応募した会社から内定が出てしまい、紹介手数料を取り逃してしまう可能性があることから、安易に応募を握りつぶすことができなくなります。

自主応募とどっちがトク?

転職支援エージェントは手数料を取るため自主応募のほうが有利という話もありますが、実際のところはどうでしょうか?

まず、現在のキャリアと応募先の事業内容に接点がない場合。

こういったケースでは、自主応募だと「なぜわざわざうちに?」という疑問を持たれるところから始まります。
その点、転職支援エージェント経由であれば、「転職支援エージェントから熱心な説明を頂いて興味を持った」となり、自然な流れとなります。

次に、現在のキャリアと応募先の事業内容が同じ場合。

こういったケースのとき、自主応募と転職支援エージェント経由でそれぞれ採用側からどのように見えるのかを少し考えてみましょう。

  • 自分でホームページから採用情報をクリックして応募してきた
  • 転職支援エージェントが熱心に口説いて、やっと応募してくれた

さて、この2つを見比べたとき、交渉という観点ではどちらのほうが強いでしょうか?

このように、あいだに「転職支援エージェントという第3者」をはさむことで、自主応募に比べて選考がスムーズになります。
そして、「わざわざ来てくれた」という形になるため交渉を有利に進めていくことができます。

大手と中小のどちらが良いの?

転職支援エージェントは大々的に広告を打つ大手から、事務所の一室でやってる中小まで幅広くいます。
どちらを選べば良いかですが、結論から言えば別に制限があるわけではないので両方とも登録してよいと思いますし、そうすることをお勧めします。

ただ、それぞれメリット、デメリットがありますので覚えておきましょう。

■大手の転職支援エージェント

扱っている案件の数が豊富です。誰でも知っている大手企業からベンチャーまで、色々な業種を手広く扱っています。未経験OKの求人も多く扱っており、とりあえずは一通り揃っています。

しかし、デメリットとして1人のエージェントが扱う幅が広いこと、また担当が分かれていることもあるので一つ一つのフォローが弱く、また担当者は若手が多いのでマニュアル通りの対応になりがちです。

また、転職支援エージェントの営業戦略的な都合が社内選考に影響することもあることもネックです。
中小の転職支援エージェントだと応募の振り替えをするほど案件がありませんので、こういったことがあまりないとも言えます。

どんな会社に入りたいのかはっきり決まっておらず、とりあえず色々見て回りたいと思った時にオススメです。
また、登録は無料ですので、転職活動を始めるときは情報を一通り集める意味でも大手の転職支援エージェントへの登録は必須です。

■中小の転職支援エージェント

IT専門やコンサル、医療系など特定の業種を専門に扱っており、担当者もシニアなベテランが多いです。
また、紹介する業界や企業に担当者が前職で在籍していたという事も多く、自身の経験に基づいて内情も含めた話ができることが強みです。

一方で、デメリットは特定の業種しか扱っていないことから、何をしたいのか明確になっている必要があります。

すでに業界経験が十分あって、転職先企業のイメージも絞り込まれているかたにオススメです。
いくつか見て回って、きちんと対応してくれる担当者がいるところを探してみましょう。

 


▼複数の収入源を確保する時代!仮想通貨取引なら取引量・ユーザー数・資本金No1のbitFlyerがオススメ!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

▼登録無料!新しいキャリアと年収アップへ踏み出そう!