会社の辞めどきを判断するポイント


転職することを「ただの逃げだ!」「辛抱が足りない!」というように非難する人たちがいます。
しかし、彼らは貴方の人生に責任を持ってくれるのでしょうか?

最後に頼れるのは自分だけです。

それを踏まえて、そろそろ次のステップへ移るべき判断ポイントを考えてみましょう。

会社辞めようかな…と考えたときの判断ポイント

①現職で履歴書に書けるような経験、実績を残している

だいたい在籍3年以上が目安でしょう。ほとんどの求人では、3年以上を経験者として扱っています。

このぐらい在籍していれば、それなりの経験・実績があるでしょうし、履歴書にもきちんと書くことができます。
また、ジョブホッパーと見なされることもありません。

2年ぐらいだと中途半端なので、特に理由が無ければもう1年は頑張ってみてもいいかも。
ここで辞めるぐらいなら、最初の数ヶ月で辞めたほうが時間的に見てはるかにマシです。

②給与や職位が世間相場に比べて低すぎる

最近は定期昇給が無くなり、中途入社のほうが給料が高い現象も起きています。

いくら頑張っても報われないとウジウジ悩んでいたのが、転職した途端に給料がガツン!と上がって、あれだけ悩んでいたのはいったい何だったんだろうということもあります。

常に世間相場へアンテナを張り、もし不当に評価が低いようであれば転職を考えることも一つの手です。

③会社の業績不振

新聞でリストラだの業績不振だのと報じられる会社があります。
しかし、実際は遥か手前から兆候が出ており、新聞に出た段階ではもう遅いというのが現実です。

リストラが始まってしまうと、その会社の社員が一気に市場へ溢れだします。賢明な皆様なら、需要と供給の関係から何が起きるか容易に想像がつくと思います。
また、人材紹介会社や応募先からは「リストラされそうになって慌てて来たんだろう」という色眼鏡で足元を見られることにもなりかねません。

そうまで行かなくとも、リストラの前には給与体系の変更(実質的な減額)が入るはずです。
転職するときは前職給与が参考にされるため、給料が下がると次の会社の提示年俸も下がってしまいます。

なので、会社の業績不振に対して一過性のものとノンビリ構えていてはいけません。
危機感を持って、次のステップへ進むかどうかを考える必要があります。

評価の本音と建前を見抜くポイント

評価がなんとなく不当に低いと感じているかたへ、その見抜き方を教えます。

仕事ができない人ほど自己評価が高い」「本人だけが仕事ができると勘違いしている」といった陳腐な決まり文句に惑わされてはいけません。

評価には本音と建前があります。

■評価理由が嘘っぽいとき

いまいちピンとこない評価理由のときは、「なぜそう思ったのか?」ということを繰り返してみるといいです。
もし建前であれば、あやふやな回答に終始するか、あるいは逆切れしだすかでしょう。

■建前を見抜くポイントは「出現頻度」「一貫性」

本心から思っている内容は、何度も繰り返し出てくるものです。一方、思いつきレベルの建前ならすぐに忘れて次に出てくることがありません。

そして、評価理由が本音のときは事実に基づいてポイントを絞った話になります。一方で建前なら、どこかで聞いたようなキーワードが幅広く脈絡なく飛び出してきます。

さらに言えば、過去数回の評価面談内容も記録しておくといいでしょう。
思いつきで建前を言っているようなら、前回言った話はすっかり忘れているはずです。

■些細なミスを理由に評価を下げようとする

些細なミスを大げさに言いたてることで、評価を下げようとすることがあるかもしれません。
そのようなときは、100点満点のうち何点が減点されたのかを聞いてみるといいでしょう。

 

また、ウソを見抜くには議事録を取ることが効果的です
後から丹念に読み返すと、不自然な部分や矛盾している部分が簡単に見つかります。

 

会社ヤバイかも。。。と思ったときのチェックポイント

新聞で業績不振やリストラが報じられる会社は、その前にいくつかの兆候が出ているものです。


■(第1段階) コスト削減

業績が下向きになったとき、最初に行うのは無駄なコストの削減です。
毎年行っていた年末パーティがなくなったり、異様なほどの経費節減が叫ばれるようになってきます。

■(第2段階) トップが激を飛ばす

次の段階になると、トップが全体ミーティングで売上高をアップさせるための激を飛ばすようになります。
しかし具体性に乏しく、実際は「死ぬ気で頑張れ!」の域を出ていないものです。

■(第3段階) 裏でリストラしている噂が流れる

最初のリストラは、一部のターゲットを対象に裏でひっそりと行われます。そのため表に出てくることはありません。

しかし、リストラ対象となった人が親しい周囲に愚痴を漏らすようになります。
それによって、どうやら裏でリストラを行っているらしいという噂が広がりはじめます。

■(第4段階) 給与体系の変更

給与体系が変わりだすと注意信号です。

給与削減を分かりにくくするため、固定給を削減してボーナスなどの変動給を増やすといった変更が一般的です。
頑張りに応じて変動給が増える、やりがいのある給与体系」といった説明がなされますが、実際は変動給部分を抑えて給与支払いを減らすことが本音です。

■(第5段階) 優秀な人材が逃げ出し始める

優秀で情報が早い人は、今の会社にさっさと見切りをつけて脱出の準備を始めます。
仕事中にコソコソと電話する人が増え、一部では転職についての情報交換が始まります。

また、転職エージェントの間でも「最近、OOの社員から転職相談が多い」といったことが話題になります。
場合によっては「今週で御社の社員からの転職相談が3人目ですけど、何かあったんですか?」なんて聞かれることもあります。

このころになると、優秀な人材が逃げ出したこと、引き継ぎにともなう負担から、さらに業績不振が加速し始めます。

■(第6段階) 早期退職制度の公募が始まる

ここまで来ると、業績不振が報じられるのは時間の問題です。
全社員にリストラの危機感が芽生え、優秀な人材が我先に脱出の準備を始めます。

リストラが一般に報じられた瞬間、一気に転職の難易度が上がるでしょう。


まずは、「給与体系が変わりだしたら危ない」と覚えておいて頂くといいかもしれません。

仮に給料が下がっても源泉徴収票に乗るのは次年度なので、それまでに転職してしまえば前職給与は維持できます。
このことから、給与体系が変わったら1年がタイムリミットと言えます。

そして、転職エージェントの間で優秀な社員が流出し始めた噂が流れ出すと、足元を見られることがあるかもしれません。
しかし、企業への直接応募であればまだ情報が届いていないので間に合います。ですが、それに安心するのではなく、リストラの情報が世間へ出回る前に一刻も早く脱出の準備を進めましょう。

世間にリストラが報じられたら。。。もう手遅れです。なりふり構わず転職するか、現職にしがみつくしかありません。

チェックポイントに当てはまったら

安易な転職はリスクです。しかし、現状に甘んじて何もしないことはさらに大きなリスクです

もし今の会社にいくつかのチェックポイントが当てはまり、潮時を感じたら新しい道を探してみるのも一つの考えです。

こちらの転職エージェントに登録して、外の世界を見てみませんか?


▼複数の収入源を確保する時代!仮想通貨取引なら取引量・ユーザー数・資本金No1のbitFlyerがオススメ!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

▼登録無料!新しいキャリアと年収アップへ踏み出そう!