ブラック企業!?残業80時間以上働いてみた


サービス残業、過労死が社会問題となっていますが、筆者も過労死ラインを超える残業をしたことがあります。

そこで、筆者が実際に残業80時間以上を超えたときの体験談を紹介します。

残業80時間とはどんな感じなの?

月あたりの残業時間が80時間を越えると過労死ラインといわれ、健康障害リスクが一気に高まるそう。
この状態が2~6ヶ月続くと、過労死との因果関係が認められやすくなります。

そこで、過労死ラインを検証してみましょう。


まず、月の労働日数が20日で残業80時間なら、1日あたりの残業時間は4時間です。

この計算結果だとピンと来ないので、1日のタイムスケジュールで考えて見ましょう。

7:30 起床
8:00 家を出る
9:00 出社
12:00~13:00 昼食
18:00 ここから残業開始
22:00 残業終了(4時間)、帰宅
23:00 家に到着
24:00 就寝

出勤時間を1時間、出勤前と就寝前の時間を1~2時間としています。

このタイムスケジュールを見ると、仕事と睡眠以外の時間が無いですね。

また、残業80時間のときの睡眠時間は7時間30分です。
しかし、これ以上の残業が増えると睡眠時間を削ることになります

残業時間が80時間で線引きされているのは、睡眠時間が減りはじめて生命の危険が出てくるからなんですね。

残業80時間を超えると、どんな症状がでるのか?

残業80時間を越えても、いきなりぶっ倒れたりすることはありません。
しかし、精神的な疲労がじわじわと蓄積していきます。

■注意力の低下

十分な睡眠が取れないと、まず注意力が落ちてきます。
一つのことにしか集中できなくなり、他のことに気が回らなくなってきます。

そして、簡単な計算ミスや誤字、脱字も増えてきます。

■記憶力、判断力の低下

少し長い情報が覚えられなくなり、物忘れがひどくなってきます。
そのたびに資料を探して確認しなければならないため、仕事の効率が落ちてきます。

さらに、記憶力が落ちることは脳のメモリが減ることなので、考えられる量が少なくなってきます。
健康なときであればあらゆる可能性を総合的に考えて判断できたことが、だんだん視野の狭い、単純なことしか考えられなくなってきます。

■頭痛

最初にあらわれる身体不調は、脳に冷水を浴びせたような頭痛です。
そして、少し難しいことを考えようとすると、脳を締め付けられる感じがして頭が働かなくなります。

こうして、「睡眠時間が減ると仕事の効率が落ちる⇒残業を増やさざるを得ない⇒さらに睡眠時間が減る」という悪循環に陥っていきます。

将来不安、そして転職を考え始める

残業80時間越えが続いても、いきなり身体を壊すことはありません。

しかし、このような長時間労働を数年も続けられるかを考えれば答えは明らかです。
既婚者だと、家族との関係にも影響が出始めます。

そういった方向に思考が傾くと、だんだんネガティブな発想になってきます。
周りでもウツ状態の人がちらほらと増えだし、「この会社は将来大丈夫だろうか?」との不安が出てきます。

そして転職を考え出すようになると、モチベーションが急降下してしまいます。

過労死ラインのサービス残業をしている状態なら

長時間労働が続くと、身体よりも先に精神的な影響が出始めてきます。
そして仕事の効率が下がるので、さらに残業を増やすという悪循環に陥ってしまいます。

このような状態が続くと、将来不安からウツ状態となり、転職を考える人もちらほらと出てきます。
そしてモチベーションが急降下、崩壊していきます。

もし過労死寸前の長時間サービス残業が続くなら、転職エージェントに相談してみましょう。


▼複数の収入源を確保する時代!仮想通貨取引なら取引量・ユーザー数・資本金No1のbitFlyerがオススメ!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

▼登録無料!新しいキャリアと年収アップへ踏み出そう!