FX会社の選びかた


FXを始めたいと思ったとき、どのFX会社で口座を開けばよいかを悩んでいるかたも多いでしょう。

そんな方々へ、どんな観点で検討してみれば良いかを整理してみます。

検討したいポイント

FX会社を選ぶうえで、比較検討するポイントは次のとおりです。

■スプレッドの安さ

通貨の買値と売値は価格差があり、この差のことを「スプレッド」といいます。
このスプレッドがFX会社の収益源となっています。

スプレッドはFX各社で価格競争しているためどんどん下がっています。

自分が主に取引したい通貨のスプレッドを各社で比較することは非常に重要です。

■スワップポイントの高さ

取引ペアとなるそれぞれの国では金利が異なるため、その金利差がスワップポイントとして還元(あるいは支払)がされます。
例えば、オーストラリアドルやニュージーランドドルは高金利通貨なため、円を売ってこれらの通貨を買うとスワップポイントがもらえます。

しかし、貰えるスワップポイントについてはFX各社で差があります。

FX会社のホームページでは「スワップポイントカレンダー」と呼ばれるポイント履歴が見れたりしますので、過去2~3ヶ月ぐらいはチェックしておおよその金額を比較しておきましょう。




■取引できる通貨

メジャーな通貨(USD、EUR、JPY、AUD、GBPなど)については、ほぼすべてのFX会社で取引が可能だと思います。

一方、マイナーな通貨(例えば中国元やトルコリラなど)は、取り扱っているFX会社も限られてきます。
こういったマイナー通貨を扱っていることを強みとしているFX会社もあるぐらいです。

マイナー通貨は開発途上国が多く、メジャー通貨に比べて金利が高めです。
しかし為替変動が大きく情報も少ないため、FXに慣れたプロ向けともいえます。

■配信ニュースの豊富さ

FX会社では会員向けのサービスとして、プロ向けに配信されたニュースを提供しています。

例えば次の会社からニュースが配信されます。

  • FX WAVE
  • GI24
  • Market Win24
  • ロイター
  • ダウ・ジョーンズ

FX会社によって提携している会社は異なりますが、多く提携しているほど配信されるニュースも豊富といって良いでしょう。

この配信ニュースをチェックするためだけに口座を開くツワモノもいます。

■スマホ対応

為替は24時間動きますので、外出時はスマホでチェックする必要があります。
FX会社が提供している取引アプリが、お持ちのスマホで対応しているかはチェックしておきましょう。

■取引システムの安定性

チャートに張り付いて取引をするタイプの方は、システムの安定性も重要な要素です。
システム障害が発生すると取引ができず、それによって利益のチャンスを逃したり、損切りが遅れたりすることがあります。

また、システムが貧弱だとせっかく注文を出したにも関わらず、処理までに時間がかかって相場が動いてしまったため約定失敗ということもあります。
このようなことは経済指標発表前後のような相場の急変時に起こりやすく、またそのようなFX会社はスプレッドが大きく開いてしまうということもあります。

システムの安定性は評価することが難しいですが、ネットでのクチコミを参考にしてみましょう。
また、スプレッド最安値を謳うところでは、コスト削減のためにシステム安定性が犠牲になっている可能性もあります。




■独自サービス

例えば、マネーパートナーズではマネパカードと呼ばれるクレジットカードを発行しています。
これは、先にFX取引で購入した外貨をチャージしておくプリペイドカードで、海外ATMから現地通貨を引き出すことができます。FXのスプレッドは一般の外貨両替に比べて圧倒的に安いため、海外旅行でオトクに両替ができるという仕組みです。

他にも、購入した外貨を宅配してくれたり、空港で受け取れるサービスを提供しているところもあります。

また、自動取引が可能なMetaTraderに対応していたり、それを動かすためにリモートから接続できるWindows環境を提供しているところもあります。

こういったFX会社独自のサービスも、選ぶうえでのポイントになったりします。

■経営状態の健全性

大金を預けるという観点から、経営状態の健全性も見ておいたほうがいいでしょう。
ほとんどの会社では問題にならないでしょうが、googleで検索して破たんの噂が無いかチェックしておきましょう。

迷ったら口座開設してみる!

FX各社は色々な特色を打ち出しており、どれを選べばよいかは迷ってしまうでしょう。

しかし、口座の開設は無料ですし、口座を持っていて特にデメリットとなることはありません。(開設したことを忘れていて、二重申請をしてしまうことぐらいでしょうか。。。)
一部のFX会社では維持手数料を取っているところもありますが、残高が0なら費用は発生しないとの記載があるところがほとんどです。

 

ちなみに、口座開設はすぐに出来るものではなく、審査も含めてざっくりと1~2週間ほどを見ておく必要があります。

すぐに取引が開始できるわけではありませんので、もしも気になるFX会社があったら口座を開設しておきましょう


▼登録無料!新しいキャリアと年収アップへ踏み出そう!