マネーパートナーズにFX口座開設してみた


東証一部上場で安定しており、FXについてのサービスを総合的に提供している印象です。
初めてFX口座を開くかたへオススメしたいです。

FXに関する一通りのサービスが揃っており、取引画面も使いやすい印象です。

基本情報

■取引できる通貨

(パートナーズFX)

  • USD/JPY (米ドル/円)
  • EUR/JPY (ユーロ/円)
  • GBP/JPY (英ポンド/円)
  • EUR/USD (ユーロ/ドル)
  • GBP/USD (英ポンド/米ドル)
  • AUD/JPY (オーストラリアドル/円)
  • NZD/JPY (ニュージーランドドル/円)
  • CAD/JPY (カナダドル/円)
  • CHF/JPY (スイスフラン/円)
  • ZAR/JPY (南アフリカランド/円)
  • HKD/JPY (香港ドル/円)
  • SGD/JPY (シンガポールドル/円)
  • AUD/USD (オーストラリアドル/米ドル)

(パートナーズFX nano)

  • USD/JPY (米ドル/円)
  • EUR/JPY (ユーロ/円)
  • GBP/JPY (英ポンド/円)
  • AUD/JPY (オーストラリアドル/円)
  • NZD/JPY (ニュージーランドドル/円)
  • CAD/JPY (カナダドル/円)
  • CHF/JPY (スイスフラン/円)
  • ZAR/JPY (南アフリカランド/円)
■取引ツール
WEB PC、タブレット端末 クイック発注ボード Webブラウザでホームページからアクセスするため、専用ソフトのインストールが不要です。チャート表示と売買ボタンといったシンプルな機能ですので、操作に迷うことは特にないでしょう。
スマートフォン Android/iOSスマートフォン HyperSpeed TouchHypaerSpeed Touch nano Android、iOS対応のスマートフォンであれば使用可能です。操作をするうえで特に不便な点は無し。
リッチクライアント Windows環境PC HyperSpeed NextHyperSpeed ホームページからソフトウェアをダウンロードしてインストールします。複数チャートを並べて表示したり、テクニカル分析用の指標を追加できるなど、本格的にチェックしたいときにオススメです。

 

初めてのFX口座開設にオススメ!

いくつかのFX会社で口座を持っていますが、それらと比較して感じるのは過不足無く一通りのサービスが揃っていることです。

  • 取引ツールとしてWEB画面、スマートフォンアプリ、リッチクライアントがあり一通り揃っている
  • スワップポイントは他社と比較して高め
  • システムが安定しており変なクセが無い
  • 外貨受取サービス、マネパカードを扱っている
  • マイナー通貨の取り扱いは少なめ(SGD/JPY、HKD/JPYぐらいか)
  • スプレッドは業界平均並み

スワップポイントが高めの設定であることから、頻繁に取引しないスワップ狙いには最適だと思います。
また、スプレッドは最安とまでは行きませんが、それが取引システムへ反映されているのか、非常に安定しているとおもいます。

マネーパートナーズ独自のサービスとしては、外貨を空港で受け取れたり、あらかじめチャージした外貨を現地ATMで引き出せるマネパカードです。

FX専業の会社ですので、こういった外貨両替について強みがあり、また手数料も安いです。
一般の外貨両替と比べて非常にオトクですので、頻繁に海外へ出かけるかたは、こういったサービスを利用することもオススメです。

「パートナーズFX」と「パートナーズFX nano」の違い

マネーパートナーズでは、「パートナーズFX」と「パートナーズFX nano」といった二種類のサービスを提供しています。
両方の口座を開設することができますが、違いがわかりにくいので使ってみた感想も含めて書いてみます。

■最低取引単位

パートナーズFXは10,000通貨単位、パートナーズFX nanoは100通貨単位です。
ただ、100通貨単位で取引することはあまり無いような。。。

■スプレッド

USD/JPYを例にとると、パートナーズFX nanoのほうが若干安いです。

  • パートナーズFX : 0.5銭
  • パートナーズFX nano : 0.3銭

他の通貨を見ても、パートナーズFX nanoのほうがスプレッドが安めに設定されているようです。

■スワップポイント

AUD/JPY、NZD/JPYで見ると、パートナーズFX nanoのほうが5~6ポイントほどスワップポイントが高めに設定されているようです。

■取引できる通貨

パートナーズFX nanoでは、次の通貨ペアを扱っていません。

  • EUR/USD (ユーロ/ドル)
  • GBP/USD (英ポンド/米ドル)
  • HKD/JPY (香港ドル/円)
  • SGD/JPY (シンガポールドル/円)
  • AUD/USD (オーストラリアドル/米ドル)

EUR/USDの取引ができないのは影響が大きいかも。
この通貨で取引したいのであれば、両方の口座を持っておいたほうが良いようです。

■相場急変時の発注

感覚的なものですが、経済指標発表などで相場が急変したとき、それぞれ次のような動きをするようです。

  • パートナーズFX : スプレッドを広くすることで、価格が変動しても約定しようとする
  • パートナーズFX nano : スプレッドは固定で、価格が変動するとエラーになり約定できない
■発注できる注文数

パートナーズFX nanoでは注文数量に次の上限があります。

1回の最大注文数量:10万通貨まで(全決済・一括決済注文は10万通貨まで)
※深夜3時から午前9時までの流動性が低下する時間帯につきましては、新規発注上限値を3万通貨とさせて頂きます

ただ、EUR/JPYを10万通貨も取引すると、一晩で5~10万円は動くでしょう。
本格的にFX取引をするのでなければ、それほど気にする必要は無いのかもしれません。

海外旅行でオトクに外貨両替できるマネパカード!

マネパカードとは、あらかじめ旅行先の通貨をチャージしておくことで、現地ATMから通貨を引き出すことができるプリペイド方式のキャッシュカードです。

オトクに外貨両替する方法として、現地ATMからクレジットカードのキャッシング機能で通貨を引き出す方法は有名ですが、様々な手数料が約1.6%ほどがかかります。
その点、マネパカードを使えば手数料が約半分。FX専業の会社だからできる、非常にオトクなカードです。

また、クレジットカードでキャッシングすると利息がかかるため繰上げ返済が必要ですが、忙しいとついつい先延ばしにしがち。
その点、マネパカードならプリペイド方式ですので、返済を先延ばしにしてしまうということはありません。

マネパカードは次の5通貨に対応しています。

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 英ポンド
  • オーストラリアドル
  • 香港ドル

最近、海外旅行先として人気が高い香港ドルもカバーしているのはうれしいところ。
オトクな海外旅行のお伴として、ぜひマネパカードを使ってみてはいかがでしょうか。


▼新しいキャリアと年収アップへ踏み出すならコチラ!