google検索で上位表示するには?


ウェブサイト運営者なら、誰もが気になるアクセス数。

ほとんどのユーザーはgoogleなどの検索エンジンへキーワードを打ち込んで検索し、上から順番にチェックしていきます。
したがって、この検索順位が上位に表示されているほどアクセス数に直結します。

いろいろなサイトで良く言われるとおり、目標はgoogle検索の1ページ目で表示される10位以内に入ることです。
2ページ目以降になると、一気にアクセス数は下がります。

そんなgoogle検索で上位を表示する方法について、実体験をふまえてまとめてみました。

ページタイトルは最重要!

googleの検索エンジンは日々バージョンアップして変わっていきますが、昔から変わらないものとして「ページタイトル」があります。
上位表示をするうえで、検索キーワードがページタイトルに含まれていることは非常に重要です。

ユーザーがどんなキーワードでアクセスしてくるかを推測したうえで、それらを含んだページタイトルとしましょう。

スモールワードを狙え!

サイトを見つけてもらうための検索キーワード選びは非常に重要です。

キーワードは、ビッグワードとスモールワードに分けられます。

  • ビッグワード:大きな範囲を表す言葉(例:クレジットカード)
  • スモールワード:限定的な範囲を表す言葉(例:楽天カードなど)

ビッグワードを検索キーワードに入れるユーザーは多いですが、それにマッチングするサイトも多いため上位競争が激しいです。
さらに、ニーズが絞り込めていないため、サイトを訪問してもらっても直帰されてしまうことが多いです。

一方、スモールワードは検索キーワードとして指定されづらいですが、マッチングするサイトも少なくなるためgoogle検索で上位表示されやすいです。
さらにスモールワードで検索してくるユーザーは対象コンテンツへの関心が高いため、サイト記事をじっくり読んでくれる可能性が高いです。

そこで、検索キーワードはスモールワードを積極的に使うことをお勧めします。

では、究極のスモールワードとは何でしょうか?

それは、固有名詞や企業名、商品名などピンポイントなキーワードです。
ピンポイントなキーワードを盛り込んだサイトは非常に絞られますので、ライバルも少なくgoogle検索で上位に表示されやすいです。

記事は最低2000文字以上!

googleで記事を上位検索してもらうには、最低2000文字以上を心がけましょう。
これ以下だと、内容が薄いと判断されて上位表示されにくいようです。

さらに、類似のページが複数ある場合はどれか1つしか検索結果に表示されません

そのため、1つの記事を複数ページに分割してしまうと各ページの文字数が少なくなってしまい、SEO的にはマイナスです。
そこで、類似の記事が複数ページに分割されている場合は一つにまとめてしまいましょう。

最初は広告を載せるな!

最近のgoogle検索アルゴリズムは、アフィリエイト目当ての広告に対して非常に厳しいです。
特にアダルト系広告に関しては、よほどメジャーなサイトでない限り検索順位が大幅に低下します。

そこで、最初のうちは広告を載せず、まずは上位検索されることを狙いましょう。

常時10位以内に入るようになってきたら、少しずつ様子を見ながら広告を増やしていくとよいです。

ページ数を増やせ!

googleのアルゴリズムでは、ページ数が多いほど良質なサイトと判断されます。

一時期はペラサイトと呼ばれる数ページのサイトを量産する方法が流行りました。
ですが、このようなサイトは広告チラシと同じで重要な情報を含んでいないことが多いため、最近のgoogle検索からは排除される傾向にあるようです。

だいたい、100ページぐらいからgoogle検索順位が上がってくることを体感できます。

ドメイン分割は不要!

サイトのキーワードにこだわるあまり、ジャンルごとにドメイン分割して運営しているかたもいるでしょう。

たしかに色々なキーワードが混在しているサイトだと、何のサイトか分からないということはあるでしょう。
しかし、ページ数が多いほど良質なサイトと判断されるアルゴリズムもあります。

矛盾するこの2つの要素について検証したところ、

ページ数の多さ >>>>>>> サイトの一貫性

です。

例えばRocketNewsやGIGAZINE、2ちゃんねる、wikipediaは記事のジャンルはバラバラですが、記事数の多さがそれをカバーしてキーワード検索上位に現れています。

専門サイトよりも総合サイトで、複数サイトはまとめたほうがSEOで非常に有利です。

ドメインの長期運営は重要!

新規ドメインの検索順位が低いですが、ある期間が経つと急激に検索順位が上がってきます。
意気込んでサイトを作ったもののアクセス数が増えずに1年ほど放置していたところ、アクセス数が一気に増えていて驚いたこともあります。

体感的にはドメイン取得してサイトが始めてgoogleに検知されて、だいたい2~3ヵ月で検索順位が上がってくる感じでしょうか。

もし、頑張って記事を書いてSEO対策もして、それでもアクセス数が増えない場合は、数か月ほど様子を見てみてください。


▼複数の収入源を確保する時代!仮想通貨取引なら取引量・ユーザー数・資本金No1のbitFlyerがオススメ!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

▼登録無料!新しいキャリアと年収アップへ踏み出そう!