googleウェブマスターの登録方法


SEOを考えるなら、googleウェブマスターの登録は必須です。

このgoogleウェブマスターを通じて検索されているキーワードをチェックしたり、表示順位を確認することができます。
また、サイトマップを登録することでgoogleへ素早くサイトの更新を伝えることができます。

ウェブマスターへの登録は非常に簡単ですので、ウェブサイトを作ったら必ず対応するようにしましょう。

カンタン!googleウェブマスターの登録方法

①ブラウザでgoogleウェブマスターのページを開きます。

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

※事前にgoogleアカウントが必要ですので、無ければ作っておきましょう。

②「プロパティを追加」ボタンをクリックします。

webmaster_01

③ポップアップで表示されるダイアログ画面に、自分のサイトのURLを入力します。

webmaster_02

④サイトの所有権確認を行います。

webmaster_03

まず、サイト所有権を確認するためのhtmlファイルが作成されます。
これをダウンロードして、自分のサイトのトップディレクトリにアップロードします。

ブラウザからそのhtmlファイルを見ることができたら、続行ボタンを押すとサイト所有権の確認が行われます。
無事にサイト所有権の確認が完了すると、googleウェブマスターの登録は完了です。

サイトマップ登録

さて、googleウェブマスターの登録が完了するとSEOに関する情報が見れるようになるわけですが、合わせてサイトマップも登録することをオススメします。

サイトマップとはウェブサイトに存在するページや更新日付が書かれたファイルです。
googleクローラーはこのファイルを見ることで、サイト内を隅々まで巡回してくれるようになります。

このファイルはXML形式で記述する必要があり、書き方が少し難しいです。
また、ページを追加したり更新するたびにサイトマップを書き換える必要があり、かなり面倒な作業となります。

そこで、ページを更新すれば自動でサイトマップに反映してくれる、WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」をインストールすることをオススメします。

webmaster_07

これをインストールすると、ページ更新のたびにsitemap.xmlファイルを自動的に更新してくれるので、運用が非常に楽になります。

さて、これで作成したサイトマップを登録しましょう。

①サイトのメニューから、「クロール」>「サイトマップ」を選択する。

webmaster_04

②「サイトマップの追加/テスト」をクリックする

webmaster_05

③サイトマップを送信する

webmaster_06

Google XML Sitemapsをインストールしているときは「sitemap.xml」を指定

 

 


▼複数の収入源を確保する時代!仮想通貨取引なら取引量・ユーザー数・資本金No1のbitFlyerがオススメ!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

▼登録無料!新しいキャリアと年収アップへ踏み出そう!