個人がホームページを公開する道のり


個人がホームページを作って公開するのは、非常に敷居が高いことだと思っていませんか?

たしかに、本格的に作るならサーバーを構築して、ウェブサーバーとデータベースサーバーをインストールして設定して……といった専門的な知識が必要です。

しかし、最近のレンタルサーバーはこれらの専門的な作業を簡単な画面操作で出来るように工夫されています。
なので、自分は記事を書くことに専念することができます。

ここでは、レンタルサーバーを使って簡単にホームページを作る方法を紹介していきましょう。

レンタルサーバーを契約する

最初に、ホームページを作成するレンタルサーバーを契約します。

レンタルサーバーは、サーバーのスペックによって値段はピンキリです。
専用サーバーを使うタイプだと月数万円というものもありますが、1台のサーバーを複数人で共用するタイプだと月1000円ぐらいからあります。

ウェブサーバーの負荷は、正直いってそんなに高いものではありません。
初めてホームページを作るのであれば、共用サーバーでもスペックを使い切ることは難しいでしょう。

レンタルサーバーはWordPressとMySQLに対応しているところを選びましょう。
これらはコンテンツ・マネジメント・システム(CMS)とよばれ、ホームページを作成・管理するためのツールです。
対応しているレンタルサーバーであれば、たいてい「WordPress対応!」というように大きく宣伝されていると思います。

WordPressではテーマとよばれる外観やメニューのひな形があり、そこに記事を追加していくだけでホームページが作成できる優れモノです。
コンテンツと関係のないページレイアウトやメニューのリンク貼りにわずらわされることがありませんので、集中して記事を執筆していくことができます。

おすすめは、実績があって値段も手ごろなXserverです。
月1000円程度で契約でき、マルチドメイン対応ですので1契約で複数のホームページを運営することができます。

ドメインを取得する

ドメインとは、インターネット上でホームページの場所をあらわす住所のようなものです。

例えば、このサイトのURLだと赤字の部分がドメインになります。

http://www.advantageplayer.net/

レンタルサーバーを契約すると、続けてドメインの申し込みができます。

ドメインの取得は早い者勝ちで、誰かに使われているドメインは登録することができません。

なお、ドメインの最後についている「.net」や「.co.jp」などですが、種類によっては取得条件があるので注意です。
例えば「.co.jp」は会社であることを表しますし、「.go.jp」は日本政府に関するものであることを表します。

「.net」や「.com」であれば、取得条件はありませんので誰でも使えます。

ドメインの取得費用は、だいたい年間で1000~1500円ぐらいです。
最初は1年ぐらいで契約して様子を見て、続けられそうなら割安な長期契約に切り替えましょう。

ちなみに、レンタルサーバーによってはドメインを登録せず、その業者のドメインにサブディレクトリを作る形でホームページを作ることができるところもあります。これのメリットは、ドメイン取得費用を節約できることです。
一方、無料であることが検索エンジンにサイト運営の本気度を疑われてしまい、上位表示されにくくなることがデメリットです。
ドメイン取得費用はそれほど高いものではありませんので、アフィリエイトをやるなら独自ドメインをオススメします。

WordPressをインストールする

次はWordPressをインストールしましょう。

最近のレンタルサーバーだと、ブラウザ上の管理画面からボタン1つでインストールをやってくれるところが多いです。
WordPressで作成した記事を保存しておくデータベースとしてMySQLを使っていますので、これも設定をします。
このあたりの手順はレンタルサーバー会社によって異なりますが、画面イメージ付きのマニュアルで丁寧に解説されていることが多いので頑張りましょう。

さて、WordPressのインストールが完了したらログインします。
WordPressをインストールしたディレクトリを指しているURLの後ろに、/wp-adminをつけてブラウザからアクセスするとログイン画面が表示されます。

ここでログインすると、ダッシュボード画面が表示されます。

wordpress01

 

記事を書いてみる

それでは、さっそく記事を書いてみましょう。

WordPressでは、記事のタイプとして「投稿」と「固定ページ」があります。

  • 「投稿」はブログや雑記など1ページで完結し、時系列で並べて読んで行くような記事に向いています。
  • 「固定ページ」は本のように複数ページを体系的に整理する記事に向いています。

機能的な違いとして、「投稿」はWordPressの標準機能である「最近の投稿」で時系列に一覧表示させることができます。
一方、「固定ページ」は「メニュー」に登録して、ページ目次をページの側面や上部に割り当てることができます。

まずは、簡単な「投稿」で記事を書いてみましょう。

WordPressの左メニューから、「投稿」>「新規作成」を選択します。
すると、次のような画面が表示されます。

wordpress02

上に1行あるテキストボックスがページのタイトルで、下の大きいテキストボックスが記事を書く部分です。

タイトルと記事を書き終わったら、右の公開ボタンを押すと保存されてインターネットから見ることができます。

 


いかがだったでしょうか?

ホームページの作り方について、ざっと駆け足で説明してきました。
さらに発展して、WordPressの便利な機能やSEOの考え方があります。

ただ、まずは習うより慣れろということで、とにかく簡単なホームページを作ってみるところまでやってみるのをオススメします。

 


▼複数の収入源を確保する時代!仮想通貨取引なら取引量・ユーザー数・資本金No1のbitFlyerがオススメ!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

▼登録無料!新しいキャリアと年収アップへ踏み出そう!