アフィリエイトの稼げる商材えらび


アフィリエイトで扱える商品、サービスは山のようにあります。
で、いったいどれを紹介すればよく売れて、アフィリエイト収入も稼げるのでしょうか?

そのあたりを、一緒に考えてみましょう。

ネットで無いと買えないもの、ネットで買ったほうがいいもの

何をサイトで紹介すればよく売れるのか?一言で言えば、タイトルどおりです。

リアルでは買えないもの、あるいは買えるけどネットのほうがいいものがアフィリエイトに向いています。

まだ電子商取引と呼ばれていた黎明期、インターネットで卵が買えると話題になりました。
ただ、わざわざネットで卵を注文して配達されるのを待つぐらいなら、近所のスーパーで買ったほうが早いですよね。

そう考えると、何がネットで売れるのか、ひいてはアフィリエイトに向いているのかが分かると思います。

電子書籍

一番ネットに向いている商材といえば電子書籍でしょう。
アフィリエイトに対応した電子書籍といえば、Amazonのkindleが有名どころです。

これまで巨大書店に行かないと買えなかった専門書も、スマホから注文してダウンロード、すぐ読める時代になりました。
これこそ、「リアルで買えるけどネットのほうがいいもの」の代表格ではないでしょうか?

ちなみにアフィリエイトの点からメリットを考えたとき、数は売れるのですが単価が安いです(1冊で約50~100円)。

なので、本の内容をテーマにした記事を書くのは非効率で、あくまで記事に関連して本を紹介するといった形になりがちです。

FX口座

新規口座登録の報酬が非常に高い点がメリットです。

しかし、成約までにこのような流れを辿るため、ハードルが非常に高いです。

  • FXとは?という説明
  • メリットを訴求
  • 不安点や疑問を払拭
  • 購買活動へつなげるクロージング

こういったアフィリエイトは、専用のウェブサイトを作ったほうがいいでしょう。
あまり関連の無いページにアフィリエイト広告を貼り付けても、成約に結び付く可能性は限りなくゼロに近いです。

また、会社によっては審査が非常に厳しいので注意。
これらのアフィリエイトを扱えるようにするには、しっかりしたサイト作りが必要です。

なお、FXアフィリエイトは稼げる分野ではありますが、すでに大手サイトがいくつか出来ています。
そういったところと競争していくため、今では厳しい分野かもしれません。

物販

Amazonでは何でも買えますし、それらをアフィリエイトで紹介することもできます。
ただ、物販はネットで買ったほうが良いもの、リアルで買ったほうが良いものが色々あるので見極めが重要です。

ネットで売れるのは、次の条件にヒットするものでしょう。

  • 実店舗ではあまり売っていない希少なもの
  • 専門品で買いに行くのが大変なもの
  • 大型、重くて配達が必要なもの
  • ネットで買ったほうが安いもの

ただ、あまりに高いものはネット経由では売れません。
売れるのはせいぜい数千円までで、アフィリエイト収入も数百円程度です。

なので、物販のために専用サイトを作るのは非効率で、せいぜい1ページぐらいで商品の使用感や体験談を紹介していく感じになります。

アダルト系

一部では、ネットで稼ぐというとアダルトを連想されることが多いです。
店員の目を気にせず購入できることがあり、ネットに適した商材といえます。

報酬金額は高いのですが、インターネット黎明期からある分野ですので先行者が多く競争が激しいです。

また、動画などのコンテンツ本体がメインで、独自記事を書いても読む人は少なくオマケ扱いです。
そのため写真や動画をペタペタ貼り付けただけのサイトになってしまい、差別化が非常に難しいです。

そこで紹介するコンテンツのボリューム勝負というところがあり、プロはツールを導入して自動でサイト更新をしているレベルです。

なので、いまや個人レベルだとアダルト系は稼ぐのが難しいジャンルであるといえます。

 


▼複数の収入源を確保する時代!仮想通貨取引なら取引量・ユーザー数・資本金No1のbitFlyerがオススメ!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

▼登録無料!新しいキャリアと年収アップへ踏み出そう!